2017年は仮想通貨が大躍進した年でしたね!

儲かったら気になるのが税金です。昨年、国税庁が12月に配布したPDFでは、「ビットコインをはじめとする仮想通貨を使用することによる損益は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分される」として記載されています。雑所得と言えば、「税金で半分持っていかれる」とよく言われるやつです。

このアプリでは、仮想通貨で得た所得(利益から、仮想通貨の取得代金や手数料や参考書籍などの経費を引いた額)を入力すると、お馴染みの公式に当てはめて所得税と住民税の目安を計算します。

IMG_7681

使い方は簡単です。電卓キーで所得を入力したら、「計算する」ボタンを押すだけです。ちなみに、赤い「X」ボタンは1文字削除、「リセット」ボタンは全文字消去です。

IMG_7682

試しに、小遣い稼ぎで始めた方に多そうな利益50万円を入力します。計算結果は……

IMG_7683

所得195万円以下の場合は、所得税率が5%と少なめです。では、「やりなおす」ボタンを押して最初の画面に戻り、

IMG_7684

今度は所得500万円を入力します。計算してみると……

IMG_7685

いきなり所得税率が20%に上がりましたね! 住民税は一律10%ですが、所得税の方は所得に応じて税率がどんどん上がります。

IMG_7686

所得5000万円を計算してみると……なななんと! 所得税率は45%に跳ね上がり、これが俗に言う「半分持っていかれる」という状態ですね! 仮想通貨で儲ける人が多ければ多いほど、国の税収が上がるという構造です。複雑な心境ですね……(苦笑)。

確定申告の時期が近づくと、やっぱり気になりますよね? 試しに確認してみてはいかがでしょうか。

※計算される金額はあくまで目安です。雑所得は総合課税所得のため、実際の申告時には他の収入などの総合課税所得と一緒に計算されます。

icon_512仮想通貨の税金目安
apricot
無料
バージョン:1.0.1
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

androidapp_download21

iOS版の紹介記事はこちら

あわせて読みたい

Comments are closed.