「Pantry Photo」は、冷蔵庫や食料保管庫などの状況を写真に撮るだけで管理できるアプリです。今回のバージョンアップで、リマインダーとして使える通知機能が付きました。

冷蔵庫管理アプリはたくさんありますが、多くが賞味期限などの商品情報をひとつひとつ登録するタイプです。多くの人は途中で挫折してしまうのではないでしょうか。面倒な登録はしたくないけど、買い物先などで「冷蔵庫に卵があと何個残ってたかな」といったことを知りたいという人におすすめするアプリです。

冷蔵庫の中の写真を撮るだけで「ざっくり」と冷蔵庫の食材管理ができます。

詳しい使い方は前回の記事をご覧下さい

■冷蔵庫のチェックってつい忘れがち!?

Pantry Photoは外出先でも冷蔵庫の中身を確認することが出来る便利なアプリですが、最新の冷蔵庫の状態を写真に撮っておかないと、いざというときに役に立ちません。毎朝出勤前にチェック、夜の家事が一段落したらチェックなど、習慣化できれば良いのですが、最初の内はつい忘れがちです。そのようなときはリマインダー機能を使って、毎日決まった時間に通知を受け取りましょう。

設定方法について説明します。

「設定」画面に「リマインダー設定」という項目が追加されました。これをタップしてください。

リマインダー赤枠

リマインダーの設定画面が開きます。このとき、通知の許可設定画面が表示されますので、「許可」を押してください。最初は「OFF」になっていますので、「ON」に変更します。

Screenshot_20170509-000235

「ON」に変更するとお知らせを表示する時間を設定する項目が表示されます。

Screenshot_20170509-000242

「時」と「分」を選択して設定します。「分」は10分刻みで選択できます。皆さんの都合の良い時間を設定してください。時間を設定したら、必ず右上の「保存」を押してください。保存を押さないと設定が有効になりません。

これで設定は完了です。指定した時間になると以下のように通知が表示されます。通知メッセージをタップするとPantry Photoが起動しますので、冷蔵庫のチェックをしましょう。

通知表示

Pantry Photoは冷蔵庫以外にも、常温の食材ストッカーや非常持ち出し袋の中身なども管理できます。「賞味期限など、細かい情報ななくてもOK!」という人はぜひ使ってみてください。

Pantry PhotoPantry Photo ~ 写真でざっくり冷蔵庫管理
Media Circuit
無料
バージョン:1.0.10
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

iphonepeople_dlbtn

iOS版の紹介記事はこちら

あわせて読みたい

Tagged with:
 

Comments are closed.