「CalcNote」はスマートフォン用に設計された、新しい電卓アプリです。

外観は電卓というよりメモ帳(テキストエディタ)のような外観をしていますが、それには理由があります。CalcNoteは一般的な電卓アプリとは異なりメモを書くような感覚で計算式を書いて計算を行ないます。計算式を入力すると同時に答えが瞬時に表示されるので、’=’ ボタンを押す必要はありません。式は何個でも書くことができ、スマートフォンの大画面を活かして複数の計算を同時に行なうことができます。

calcnote-09-basic

すべての計算には目的があり、式に含まれる数字にはそれぞれ意味があります。従来型の電卓では単に数字として計算していたものを、CalcNoteを使えば計算の目的や意味を数式とテキストを使って、自然に表現し計算することができます。また、CalcNoteは基本的な計算以外にも以下のような多くの機能を備えています。

今回のアップデートでは高精度計算をサポートしました。設定で「計算の精度」を「高精度」に変更することで300桁までの大きな数値の計算を誤差なく行なうことができます。また小数点以下の桁数も14桁まで表示することが可能になりました。ただし「高精度モード」はCPUを多く使うため処理速度が低下しますので日常の計算では「通常モード」を使うことを推奨しています。

calcnote-09-precision1 calcnote-09-precision2

ほかにも要望のあった機能をいくつか実装しています。

1) 計算式でカンマ区切りの数字をサポートしました。

カンマ区切りの数字を計算式に含めることが可能になりました。数字をカンマで区切ることで、桁数の多い計算で式の可読性が向上します。

1,000,000 + 15,000

2) 行参照で使用するシンボルを変更できるようになりました。

CalcNoteでは’$’記号の後に行番号を書くことで、その行の答えを参照することができます。たとえば `($1 + $2) * 1.08` と書くと1行目の答えと2行目の答えの合計の税込価格を計算することができます。バージョン2.2.9より、行参照で使用する記号を’$’から’#’に変更できる設定を追加しました。

今回ご紹介した新機能のほかにも、複数のバグ修正を行なっておりますので、すでにお使いの方はぜひアップデートをお願いいたします。アプリを使ってみて何かお気づきの点などありましたら、ぜひGoogle Playのレビューでご意見をお聞かせください。今後もユーザーの皆様のご意見やご要望を参考に、さらに便利に使いやすくアップデートを続けていきたいと思っております。

icon_color_blue_512計算式電卓
burton999
無料
バージョン:2.2.9
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

androidapp_download

Tagged with:
 

Comments are closed.