「CalcNote」はスマートフォン用に設計された電卓とメモ帳を組み合わせた新しい電卓アプリです。従来の電卓アプリでストレスだった、メモリーキーを駆使したり、計算結果をメモアプリにコピペしたり、いちいち計算履歴を参照したりといった面倒な作業がCalcNoteを使えばすべて解決します。

従来の電卓と比較してCalcNoteが特に優れているのは以下の5点です。

  1. 計算式が見えるので計算過程が一目瞭然
  2. 複数の計算を同時に行なうことができる
  3. 計算式はいつでも編集可能で簡単に間違いを修正できる
  4. 計算式と一緒にメモを残せる
  5. 柔軟なカスタマイズ性

まだCalcNoteを使ったことのない人は、前回の記事を参照していただけると利用イメージがつかめると思います。

CalcNoteでは特にカスタマイズ性を重視して開発を進めています。ひと口に電卓と言っても利用シーンはさまざまで、外観の好みや、よく使う機能も人それぞれ異なるからです。今回のアップデートで、キーパッドのボタンの配置について、ユーザーが自由にカスタマイズできるようになりました。

キーパッドをカスタマイズするには設定画面より [キーパッドの設定] -> [キーパッドのカスタマイズ] を選択します。カスタマイズ画面では不要なキーパッドを非表示にしたり、自分の好きな配列のキーパッドを作成することができます。

calcnote-05-keypadlist

calcnote-05-keypadedit

私は仕事柄、16進数の計算をすることがあるので、通常のキーパッドに16進数の機能を割り当ててキーパッドを作成してみました。このキーパッドを使えばデフォルトの[通常電卓用パッド]と[ビット演算用パッド]は不要になり、より便利にCalcNoteを使えそうです。

calcnote-05-keypad

スマートフォンの場合、キーパッドには20個のボタンが配置されていますので、ひとつのキーパッドに最大で60個まで機能を割り当てることができます(タブレットならもっと多くの機能を割り当てられます)。

普段使う機能をまとめてひとつのキーパッドに配置しておけば、スワイプでキーパッドを切り替える必要がなくなり、素早く計算を行なうことができます。キーパッドの配列については多くのユーザーより要望をいただいておりましたので、ぜひ自分好みのキーパッドを作成してみてください。

今回ご紹介したキーパッドのカスタマイズ機能以外にもバグ修正や機能追加を行なっております。

  1. キーパッドのボタンの文字の大きさをカスタマイズできるようになりました。
  2. 関数の引数入力に使用するポップアップキーボードを無効にできる設定を追加しました。

最後にお知らせになりますが、CalcNoteではユーザーのみなさまより、CalcNoteのテーマ(外観の設定)を募集しております。

CalcNoteでは文字の色やボタンの色など、アプリ内のほぼすべての部分を自由にカスタマイズできる機能を提供していますが、テーマは提供しておらず、現状ではユーザーが1からすべてをカスタマイズする必要があります。今後のバージョンアップで、いくつかの外観の設定をテーマとして提供したいと考えています。そこでみなさまからテーマを幅広く募集して、CalcNoteに組み込みたいと思っています。テーマは設定画面より「現在のテーマを開発者に送信」を選択することで簡単に送ることができます(メーラーが起動するのでそのままメールを送信してください)。

calcnote-05-sendthema

テーマとして採用された方には、お礼として広告の表示されない「CalcNote Pro」のプロモーションコードを差し上げます。応募回数に制限などはありませんので、カッコイイ(カワイイ)設定ができた方はぜひ、ご気軽に応募していただけるとうれしいです。みなさまからのたくさんのご応募を心よりお待ちしております。

icon_color_blue_512計算式電卓
burton999
無料
バージョン:1.3.22
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 

androidapp_download

Tagged with:
 

Comments are closed.