文●山下博人(MacPeople編集部

 Androidスマホの最新情報などを探る本コーナー。今回は、7月17日には発表された、デルの8インチAndroidタブレット「Dell Venue 8」を紹介します。

Venue 8 3000 Series Android Tablets

 「Dell Venue 8」は、すでに発売中の8インチWindowsタブレットに続く「Dell Venue」シリーズの新ラインナップ。すでに海外では発売されていますが、今回、満を持してWi-Fiモデル(黒)と、SIMフリーLTE(4G)対応モデル(赤/黒)の2モデルが日本で発売となります。

■CPUはインテルのAtom Z3480

 ディスプレイは8インチのフルHD(1920×1200)で、CPUにはインテルのAtom Z3480(2.1GHz デュアルコア)を搭載する本機。サイズは216×130×8.95mmで、重さは338g。OSには最新のAndroid 4.4(KitKat)で、背面には5メガ、フロントには2Mのカメラを備えています。主なスペックは以下を参照してください。

  • ディスプレー:8.0 インチ IPSディスプレー フルHD (WUXGA1920 x 1200)
  • CPU:インテルAtom プロセッサー Z3480 (最大 2.1GHz デュアルコア)
  • ハードドライブ:16GB
  • メモリ:1GB
  • ワイヤレスLAN:802.11ac WiFi 、Miracast、Bluetooth 4.0
  • ポートコネクタ:Micro-SDカードリーダー、マイクロAB USB 2.0、ヘッドホン&マイクコンボジャック
  • カメラ:5MP(背面)/2MP(前面)
  • OS:Android4.4
  • サイズ:216×130×8.95mm
  • 重量:338g

2

↑ホームアプリはGoogle標準のものを使用しているようだ

3

↑SIMのスロットやボリュームキーなどは右側面に備える

4

↑上部にはイヤホンジャックを装備

6

↑左側面にはボタン類はなく、スッキリとしている

■SIMフリーLTEに対応!

 本機で一番の注目点は、SIMフリーLTEに対応しているモデルが出ることでしょう。搭載するモデムはインテルのXMM7160のようで、受信時最大150Mbpsの回線速度に対応(カテゴリー4)。また、資料によるとLTEのバンドは1/2/3/4/5/7/8/20に対応しているとのことで、日本では現状バンド1、バンド3で使用可能となっております。

12

↑こちらはAPNの画面、おなじみMVNO各社のSIMに対応する

 バンド1の2GHz帯はドコモ、au、ソフトバンク、バンド3の1.7GHz帯はドコモとイー・アクセスが使用しておりますが、このうちドコモの1.7GHz帯は東名阪のエリア限定ながら、受信時最大速度150Mbpsに対応しているのはポイントです。実際に試してみないとわかりませんが、IIJなどのドコモ回線のSIMを使用すれば、場所によってはかなり快適に使えると思われます。もちろんバンド1の2GHz帯も受信時最大75Mbpsのエリアが整備されているようですので、ふつうに使用する分には問題ないと思われます。

19

↑ドコモ回線のSIMなら、受信時最大150Mbpsの速度に対応

 ちなみにバンド8のプラチナバンド900MHzに関しては、周波数自体はソフトバンクが運用しておりますが、残念ながら現状はLTEには未対応。またXMM7160はLTEのみならず2G、3Gもサポートしておりますので、LTEが使用できない場所であっても3G回線で使用可能となっております。これまでAndroidタブレットのCPUといえば、クアルコムのSnapdradonがモデム一体型として独占状態という感じでしたが、このモデルを始めインテルのCPU搭載モデルが今後どうなるのか気になるところです。

13

↑LTEはもちろん、2G、3Gにも対応する

■アクセサリも豊富

 そのほかの注目点としては、幅広いアクセサリに対応しているところでしょう。HDMIディスプレイにケーブルを使わずワイヤレス接続できる「Dell Castアダプタ」(9月発売予定)に対応するほか、回転式の二つ折りケースやスタイラスペン、ポータブルスピーカーなどが登場する予定。また、オプションとして「衝撃故障対応アクシデンタル・ダメージ」も用意しているとのこと。

16

 ↑高精度なスタイラスペンも、3080円で登場。

48

↑回転式二つ折りケースはスタンドに早変わり。3880円。

 気になる発売日は、Wi-Fiモデルは7月17日から、LTEモデルは9月5日で、価格はそれぞれ2万2980円(税込)と2万7980円(税込)とのこと。秋葉原のDELLダイレクトショップや一部量販店において製品を触ることもできるようですので、気になる人はチェックしてみましょう。

 

Comments are closed.