Androidスマホのテザリングを使えば、スマホのモバイルデータ通信を介してタブレットやノートパソコンをネット接続できます。

 機器間の接続にはWi-Fiを使う方法が一般的ですが、Bluetooth接続もおすすめです。Bluetoothはバッテリ消耗が少ないのが特徴です。テザリングをよく使う人は、つねにオンの状態にしておいてもバッテリ残量を気にせずに済みます。一度ペアリングすれば再設定の手間もないので、すぐにネット接続できるのもメリットです。

 ここではXperia Z2とiPad(Wi-Fiモデル)をBluetoothテザリング接続する方法を例に設定手順を解説します。

 

Bluetoothテザリングを設定する

bt_tethering_01

 ホーム画面またはアプリ一覧から[設定]をタップします。

bt_tethering_02

 [その他の設定]をタップします。

bt_tethering_03

 [テザリング]をタップします。

bt_tethering_04

 [Bluetoothテザリング]をタップします。

bt_tethering_05

 確認画面で[OK]をタップします。

bt_tethering_06

 「Bluetoothテザリング」にチェックが入っていればテザリングの準備は完了です。

 

iPadとペアリングする

 【Xperia Z2側】

bt_tethering_07

 XperiaZ2の設定から[Bluetooth]をタップします。

bt_tethering_08

 [Xperia Z2]をタップして、電波を周辺機器で読み取れるようにします。

【iPad側】

bt_tethering_09

 設定メニューから[Bluetooth]をタップし、スイッチをタップしてオンにします。デバイス欄に「Xperia Z2」が表示されたらタップします。

bt_tethering_10

 機器の名称とコード(数字)を確認し、[ペアリング]をタップします。

【Xperia Z2側】

bt_tethering_11

 iPad側のコードと同じことを確認し、[ペア設定する]をタップします。

【iPad側】

bt_tethering_12

【Xperia Z2側】

bt_tethering_13

 互いに接続されたら設定完了です。これでiPadからネット接続が可能になります。

 

BluetoothがつながらないときはWi-Fiを利用

 Bluetoothには規格に応じたプロファイルが複数あり、利用する機器がそれぞれ対応していないと接続できません。

 たとえば、iPhoneは子機側のプロファイルを持っていないため、契約の切れた古いiPhoneを他のスマホのBluetoothテザリングで利用しようとしても、Bluetooth接続できないのでつなげません。この場合はWi-Fiテザリングを利用しましょう。

 テザリングはスマホのモバイルデータ通信を利用するので、スマホに対してパケット料が発生します。大量のパケット通信によって請求額が高額になる場合があるので、定額制プランに加入していない人は使用を避けましょう。また、定額制プランに加入している場合でも、月額の通信量が7GB(契約プランによる)を超過すると、通信速度が劇的に遅くなってしまいます。使い過ぎは注意しましょう。

 

Comments are closed.