ニンテンドー3DSなどのゲーム機の多くはインターネット通信機能を持っていません。ですが、スマホのテザリングを使えば、外出先でもゲーム機をネット接続できます。

 ゲーム機とスマホとはWi-Fiで接続し、スマホを通してインターネットに接続します。接続設定は手動でも可能ですが、「WPS」という簡単接続機能を持ったスマホとならパスワードなどの入力を省略して設定をする事ができます。

 ここでは、ニンテンドー『3DS』と『Xperia Z2』の組み合わせを例に、手動接続とWPS接続の方法を解説します。

Wi-Fiテザリングを有効にする

a_tethering_g01

 ホーム画面またはアプリ一覧から[設定]をタップします。

a_tethering_g02

 [その他の設定]をタップします。

a_tethering_g03

 [テザリング]をタップします。

a_tethering_g04

 「Wi-Fiテザリング」の右にあるチェックボックスをタップします。

a_tethering_g05

 チェックが入り、ステータスバーにアイコンが表示されます。「[Xperia Z2_○○○]が有効です」の文字列が機器を識別するための番号になるので確認しておきましょう。

 ここではXperia Z2の場合の表示を書いていますが、機種によって表示されるWi-Fiの名称は異なります。

 

接続に必要なパスワードを確認する

 スマホのWi-Fiに接続するためにはパスワードが必要になります。スマホ側であらかじめ確認しておきましょう。

a_tethering_g06

 この画面で[Wi-Fiテザリング設定]をタップします。

a_tethering_g07

 [Wi-Fiテザリング設定]をタップします。

a_tethering_g08

 下段の「パスワードを表示」にチャックを入れると「パスワード」欄に接続用のパスワードが表示されます。これを覚えておくか、テザリングに接続するときに確認として開いてください。

 

ニンテンドー3DSを接続する

 スマホ側でテザリングを有効にしたら、今度は接続先の機器でスマホが発信するWi-Fiに接続します。今回はニンテンドー3DSでの接続方法を解説します。

a_tethering_g09

 ホームメニューの[設定]アイコンをタップし、[インターネット設定]をタップします。

a_tethering_g10

 [インターネット接続]をタップし、[接続先の登録]をタップします。

a_tethering_g11

 [おねがいする]をタップし、[外出先で接続]をタップします。

a_tethering_g12

 [OK]をタップすると周辺の電波を探します。表示された電波の中から[Xperia Z2_○○○]をタップします。

a_tethering_g13

 確認しておいたパスワードを入力して[決定]を押し、[OK]をタップします。

a_tethering_g14

 [OK]をタップするとネット接続テストが行われます。しばらくして「成功」と表示されたら[OK]をタップすれば接続完了です。

 

WPS機能を使って接続する

  【ニンテンドー3DS側】

a_tethering_g15

 [接続先の登録]を押したあと、[自分で設定する]をタップします。次の画面で[WPS]ボタンを押します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 この画面が表示されたらスマホ側の設定に進みます。

 【スマホ側】

a_tethering_g17

 「Wi-Fiテザリング設定」の画面で[WPSプッシュボタン]をタップします。

a_tethering_g18

 スマホ側でも周辺機器の検索が始まります。

 【ニンテンドー3DS側】

a_tethering_g19

 しばらくすると、ニンテンドー3DSの画面に設定完了の画面が表示されます。[OK]を押して接続テストを行い、成功したら[OK]を押せば完了です。

 WPSはボタンが押された機器同士を探し出して、自動でつなげる仕組みです。接続時は、ニンテンドー3DS側とスマホ側のボタンをなるべく時間差を開けないように押しましょう。

 テザリングはスマホのモバイルデータ通信を利用するので、スマホに対してパケット料が発生します。大量のパケット通信によって請求額が高額になる場合があるので、定額制プランに加入していない人は使用を避けましょう。また、定額制プランに加入している場合でも、月額の通信量が7GB(契約プランによる)を超過すると、通信速度が劇的に遅くなってしまいます。必要なときだけ利用することを心がけ、使用後は忘れずオフにしましょう。

 

Comments are closed.