タブレットやノートパソコンなどを外出先でインターネット接続したい場合に活用したいのがテザリングです。テザリングとは、スマホのモバイルデータ通信を使って、データ通信機能を持たない機器をネット接続させる方法です。

 スマホとその他の機器を接続させるには、USBケーブル、Wi-Fi、Bluetoothで接続する方法があります。もっとも一般的な方法はWi-Fi接続です。ここでは、Wi-Fi接続の手順を紹介します。

 

Wi-Fiテザリングを有効にする

a_tethering_01

 ホーム画面またはアプリ一覧から[設定]をタップします。

a_tethering_02

 [その他の設定]をタップします。

a_tethering_03

 [テザリング]をタップします。

a_tethering_04

 「Wi-Fiテザリング」の右にあるチェックボックスをタップします。

a_tethering_05

 チェックが入り、ステータスバーにアイコンが表示されます。「[Xperia Z2_○○○]が有効です」の文字列が機器を識別するための番号になるので確認しておきましょう。

 ここではXperia Z2の場合の表示を書いていますが、機種によって表示されるWi-Fiの名称は異なります。

 

接続に必要なパスワードを確認する

 スマホのWi-Fiに接続するためにはパスワードが必要になります。スマホ側であらかじめ確認しておきましょう。

a_tethering_06

 この画面で[Wi-Fiテザリング設定]をタップします。

a_tethering_07

 [Wi-Fiテザリング設定]をタップします。

a_tethering_08

 下段の「パスワードを表示」にチェックを入れると「パスワード」欄に接続用のパスワードが表示されます。これを覚えておくか、テザリングに接続するときに確認として開いてください。

 

iPadを接続する

 スマホ側でテザリングを有効にしたら、今度は接続先の機器でスマホが発信するWi-Fiに接続します。今回はiPadでの接続方法を解説します。

a_tethering_09

 ホーム画面の[設定]をタップします。

a_tethering_10

 [Wi-Fi]をタップし、右のスイッチをタップして有効にすると、付近のWi-Fiの電波を検出します。この中の[Xperia Z2_○○○]をタップします。

a_tethering_11

 事前に確認しておいたパスワードを入力し、[接続]をタップします。

a_tethering_12

 接続先として「Xperia Z2_○○○」が表示されれば接続完了です。ステータスバーにもWi-Fiのアイコンが表示されます。これでiPadからネットを楽しむことができます。

 

ショートカットを使ってテザリングに簡単接続

 スマホ側では、通知パネルにテザリングをオン/オフできるショートカットを持っている機種もあります。これを使えば、2回目以降のテザリング接続も簡単です。

 多くの場合、タブレットやゲーム機器などは一度接続したアクセスポイントを記憶しています。一度接続すれば、次回からはパスワードを入力しなくても、電波をキャッチした時点で自動接続できます。

a_tethering_13

 画面上部から下方向へスワイプし、通知パネルを開きます。[クイック設定ツール]の[Wi-Fiテザリング]をタップしてオン(点灯)にすれば完了です。反対にタップしてアイコンが消灯すればオフの状態です。

■Wi-Fiの電波名を変更すると探しやすい

 テザリングをオンにすると、受信側では電波の名称(今回は「Xperia Z2」)が表示されます。これは電波を識別するためのもので、一般的に「SSID」と呼ばれています。
 この名前は変更が可能です。たくさんの人がいる場所だと、他の人の同じような名称の電波を表示する可能があるので、わかりやすい名前にしておくのも手です。

a_tethering_14Wi-Fiテザリングのパスワード確認画面で、「ネットワークSSID」の欄をタップして名前を入力します。[保存]をタップします。
a_tethering_15子機側では変更した名称が表示されます。

 テザリングはスマホのモバイルデータ通信を利用するので、スマホに対してパケット料が発生します。大量のパケット通信によって請求額が高額になる場合があるので、定額制プランに加入していない人は使用を避けましょう。

 また、定額制プランに加入している場合でも、月額の通信量が7GB(契約プランによる)を超過すると、通信速度が劇的に遅くなってしまいます。必要なときだけ利用することを心がけ、使用後は忘れずオフにしましょう。

 

Comments are closed.