スマホの雰囲気をガラッと変えるには、壁紙を変えるのがもっとも簡単な方法です。ホーム画面、ロック画面ともに、好みの写真やイラストに変えてみましょう!

 

お気に入りの写真を壁紙に設定する

androidwallpaper_01

 ホーム画面の何もないところをロングタップします。表示されたメニューの[壁紙]をタップします。

androidwallpaper_02

 「壁紙を選択」画面では、設定したい壁紙が参照できるアプリを選びます。今回はカメラで撮影した写真を使うので、[ギャラリー]をタップします。

androidwallpaper_05

 ギャラリー内で壁紙にしたい写真を選択すると、この画面が表示されます。画像上の青枠内がホーム画面に表示されるので、ドラッグ操作で枠の大きさや場所を変えて範囲を設定します。右上の[完了]をタップすると壁紙が変更されます(※壁紙が連動するホームアプリを使っている場合は青枠外も壁紙に表示されることがあります)。

 

用意する壁紙のサイズはホームアプリによって異なる

 設定しているホームアプリによっては、ホーム画面を左右に切り替えたとき、壁紙も連動して動く仕様のものがあります。「docomo Palette UI」がそのひとつで、画面と同じサイズの壁紙を用意しても、固定表示する設定はありません。

 このようなホームアプリを使う場合は、画面解像度の横幅よりも大きい(2倍以上)壁紙を用意するようにしましょう。

 以下は「docomo Palette UI」で、画面サイズの720×1280ピクセルに対して、1440×1280ピクセル(横幅が2倍)の壁紙を設定した例です。

androidwallpaper_06

 ホーム画面を切り替えると壁紙も動き、壁紙の端まで来ると再び反対側の端から表示されます。そのため、つなぎ目のあるホーム画面ができてしまいます。なお、壁紙の大きさやホーム画面の数によって見え方が異なります。

androidwallpaper_07

 ホーム画面をロングタップし、メニューの[壁紙ループ設定]をタップします。

androidwallpaper_08

 「壁紙のループ」のチェックを外し、ホームボタンを押して戻ります。

androidwallpaper_09

 画面の左端に壁紙の左端が設定され、2画面の中に壁紙がキレイに収まるようになります。

 

縦位置の壁紙を固定して表示したい!

 ホームアプリを変えずに壁紙を固定表示したい場合は、アプリの「ライブ壁紙ぴったん」を使う方法があります。ライブ壁紙用のアプリですが、静止画も設定できます。

■ライブ壁紙ぴったん
shirobakama724
無料 (価格は記事作成時のものです)

androidapp_download21

 

androidwallpaper_10

 「ライブ壁紙ぴったん」を起動し、[ライブ壁紙選択画面を開く]をタップします。

androidwallpaper_11

 [ライブ壁紙ぴったん]を選択します。

androidwallpaper_12

 [設定]をタップします。

androidwallpaper_13

 [画像(ディレクトリ)を選択]をタップして、スマホ内の好きな画像を選択します。次に「壁紙を固定する」にチェックを入れ、戻るボタンを押します。

androidwallpaper_14

 [壁紙に設定]をタップすれば壁紙に反映されます。

androidwallpaper_15

 ホーム画面を切り替えても壁紙は固定された状態になります。

 壁紙を変えるだけで雰囲気も変わるので、いつものスマホとは少し違った気分が味わえます。変更はいつでも簡単にできるので、気分や季節に合わせてイメチェンを楽しんでみてください!

 

Comments are closed.